LINE写真が見れない!「保存期間が終了しているため、読み込むことができませんでした」エラーとは

LINE写真が見れない!「保存期間が終了しているため、読み込むことができませんでした」エラーとは

保存期間が終了しているため、読み込むことができませんでした

LINEトークで写真を見ようとするとこんなエラーが出て青ざめた経験はないでしょうか。

私も先日ひさしぶりに前に送ってもらった写真を見ようとすると急にこんなエラーが出て見れませんでした。

それより過去の写真でも見れるものはあったのでなぜかなーと思っていました。今日はそんなエラーが出た時、大事な写真を見る方法を紹介したいと思います。

LINE写真には保存期間がある

私も知らなかったのですが、LINEトーク欄の写真は保存期間があります。

LINEトークで写真を送ると一旦サーバーに保存されるようですが、大体2週間経過すると消えるようです。

ちなみに消えるのは「送られた写真」のみです。「自分から送った写真」は消えません。

消えないというよりは自分で送った写真なので、自分のスマホに自動保存されています。

私は今まで出たことはなかったんですが、それがたまたまなのか途中でLINEアプリの仕様が変わったのかはわかりません。

そこで対策をしておくことが必要です。

対策

ジグは事後の対策はできません。つまり、一度これが出てしまうと、お手上げです。再度その写真を送ってもらうしかありません。

このエラーに対する対策は予防しかありません。予防策は3つあります。

一つめは、写真をスマホに保存しておく、または一旦写真を開いておくことです。

写真を開くということは自動的にスマホに保存しているのと一緒のことですから、とにかくサーバーから写真が消される前にスマホにダウンロードしておくということが必要です。

次にLINEトークではなく、LINEアルバムやノートにしておくことです。

この保存期間が適用されるのはLINEトークのみです。アルバムやノートには適用されませんので、こちらでアップロードすることをお勧めします。

使い方はこちらを御覧ください。

サムネイルで見やすい!写真の保存に便利なLINEアルバムの使い方!

あとは意味がないかもしれませんが、送り返すということですね。

繰り返しますが、保存期間が適用されるのは「送られた写真」のみです。これを逆手に取って「自分が送る」ことで写真が保存されます。

容量など気にせずいっぱい写真を保存したい場合はこちら
LINEで動画も写真も容量無制限で送れる!超絶便利なDropboxの使い方

最後に

いかがでしたでしょうか。いつでも見れると思っていた思い出の写真や大事な写真が見れないと焦りますよね。

そうならないためにも予めダウンロードしておくか、必ずアルバムかノートにしておくようにルール化しておきましょう。

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る