LINEポイントの有効期限は?確認方法とポイントの使い道

  • 公開日:2018年12月24日

あなたは普段、LINEウォレットを使う機会があるでしょうか?今のところLINEウォレットはあまり使われる機会がありませんが、実は他のSNSにはない、とても便利な機能が付いているのです!

LINEウォレットで買い物などで使えるのは「LINE Pay」「LINEコイン」そして「LINEポイント」などの3つ。LINE PayとLINE コインは現金でのチャージが必要になりますが、LINEポイントは無料でポイントを貯めることができ、貯まったポイントは好きな商品やサービス、他のポイントサービスと交換することができるのです!

 

ただ、貯まったポイントの有効期限に注意しなければいけません。LINEポイントサービスで簡単に貯められるポイントは10ポイント以下のものが多いため、せっかく貯めたのに何もしないでいると、ポイントの有効期限が切れていきなり0になってしまうのです。

手っ取り早く数百ポイントや数千ポイントを貯める方法もありますが、これらはサービスのお試しやクレジットカードの発行など、時間や手間、場合によってはお金がかかるものが多いのです。

 

そこで今回は、LINEポイントを有効期限内に使えるようにポイント有効期限の長さと確認方法を解説します。LINEポイントの使い道も合わせて紹介するので、貯まったポイントはお得に使い切りましょう!

 

LINEポイントは1Pいくら?

そもそも、LINEポイントは1P(1ポイント)いくらの価値があるのでしょうか?実は、嬉しいことに1P=1円の価値があるのです!

LINEポイントを10Pでも貯めたら10円の価値のあるお金と同じなので、たった10円だとしても大切にしたいですし、コツコツと貯めていきたいですよね。

 

183ポイント=183円

LINEポイントの交換先を見ても183P(183円相当)と書かれています。

LINEポイントを貯めれば貯めるほど高価な商品やサービスと交換できるので、うまく使えばかなりお得になるでしょう。

 

LINEポイントの有効期限と確認方法

続いて、LINEポイントの有効期限も把握しておきましょう。

まず、LINEポイントの利用規約を確認してみます。利用規約はLINEポイントページの左上にある「三」アイコンをタップすると項目があるので、そこからチェックしましょう。

LINEポイント利用規約

LINEポイント利用規約を下にスクロールしていきましょう。

LINEポイントの有効期限

すると、LINEポイントの有効期限に付いて書かれた項目があり、以下のように書かれています。

最後のポイントを取得した日から180日間(取得日を1日目とします)、新たなポイントの取得がなければ失効しますので、ご注意ください。

つまり、最後にポイントをゲットしてから約半年、また新たにポイントを獲得しないといきなり0になってしまうということです。

ここで注意しなければいけないのが、「最後のポイントを取得した日」という点。

例えば1000ポイント持っていて500ポイントを使ったとしても、有効期限が伸びないということです。

 

自分のポイント有効期限は、LINEポイントの履歴から確認できます。

LINEポイントの項目をタップ

LINEウォレットを開き、左上のLINEポイントの部分をタップしましょう。

有効期限

すると、LINEポイント獲得履歴、使用履歴が表示されます。その上にグレーの文字で「有効期限」と書いてあるので、確認してみましょう。

 

有効期限切れのLINEポイントは復元できない!

せっかくお得なLINEポイントをゲットしたら、1ポイントだけだとしても使わないともったいないですよね。

有効期限である「最後の取得日から180日」を1日でも経過してしまうと、せっかく貯めた数千ものLINEポイントであっても容赦なく0になってしまいます!

LINEユーザーの中には実際に、「LINEポイントの存在を忘れて気付けば有効期限が切れていた」「有効期限180日は短かすぎる」と期限切れでポイントを失効してしまった人もいるようです。

 

LINEポイントに限らずですが、有効期限切れのポイントを復元することはできません!

しかも過去に取得した古いポイントから少しずつ期限切れになるのではなく、今あるポイントが一気に0になってしまうという方式のため、自分のお金を一切使っていないのだとしても損してしまった気分になるということになるのです。

 

プレゼントも可能!LINEポイントの使い道

損した気分になるのは誰でも嫌ですよね。それを防ぐためには新たなにポイントを獲得するのが良いのですが、せっかくなら、LINEポイントを貯めるだけではなく使ってみてはいかがでしょうか?

 

LINEポイントの使い道は豊富です。

食品との交換が可能

例えば先ほど例に取り上げたこちらのチョコクロチケット。サンマルクカフェの人気メニュー「チョコクロ」が1つ無料でもらえます。

食品は他にサーティーワンやカフェのチケットなど、特に種類が多い印象です。

LINE関連の交換

また、LINEモバイルやLINE Payなど、LINE内で使えるサービスへの交換も可能!LINE内で使えるサービスとの交換なら1ポイントからできるので、数ポイントしか残っていない状態でも消化でき、LINEポイント有効期限が切れて0になって悔しい思いをすることはありません。

各種ポイントや旅行マイル

他にもベルメゾンポイントやPontaポイント、そしてJALのマイルとも交換できます。ポイント系の電子マネーと交換すれば、LINEポイント外で引き換えできるアイテムが増えるので嬉しいですよね。また、旅行のマイルと交換するとお得に旅行もできてしまうのでおすすめです。

 

LINEポイントの交換は、友達にプレゼントを贈ることも可能!

友達にプレゼントできる

例えばサンマルクカフェのチョコクロチケットは、自分用の購入の他に「友だちにギフト」を選択できます。友だちにプレゼントできれば、手出し0円でちょっとした誕生日プレゼントが送れるのにすごく感謝してもらえるため、特におすすめしたい交換先です。

 

LINEポイントはコインにも自動で交換可能

最後に、LINEポイントとスタンプなどを購入するときに使うLINEコインとの交換も解説しましょう。

以前はLINEポイントページでの交換項目にLINEコインとの交換がありましたが、現在は中途半端にコインが残ることがあるため、無くなりました。

その代わり、LINEコインには自動で交換できるようになっています。

 

保有コインの見方について

ただ、1P=1円に対して、コインに換算すると2P=1コインという計算方法になるため注意しましょう。

 

例えばLINEコインが100コインしかなく150コインのスタンプを購入したい場合、残りの50コイン、つまり100PはLINEポイントから引かれるという形です。

少し価値が下がるものの、不足したコイン分を補ってくれて無駄も出ないため、LINEコインが足りないときに利用してみましょう!

 

LINEポイントの有効期限を把握しておき、期限が切れる前にポイントを取得するか、交換するかなどしてお得に利用してくださいね。

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る