ハフレ(ハグフレンド)の作り方と私が使うハフレ募集アプリ

私がハフレ(ハグフレンド)を欲しかった理由、

とにかく男性に抱きしめられたい

これ、当時の私が毎日考えていた正直な願望です。

彼氏がいるならさびしくないですが、いないときの一人寝ほど寂しいことはありません。私がハフレを求めたのは、「男性におもいっきり抱きしめられて眠りたい」こんな単純な理由だったんです。

大学を卒業して一人暮らしをはじめたのですが、友達は仕事が忙しかったり、地元へ帰ったりして、学生時代より一人でいることが多くなりました。さらに彼氏もいないなんてさびしくなるに決まっています。

ただ、かんちがいして欲しくないのは、エッチまではいかないこと。あくまで「ハグ止まりで良い」ということです。

私はただ一人ぼっちだった心のすきまを、抱きしめ合うことで埋めたかったのだと思います。

ハフレ(ハグフレンド)が欲しかった私が試して失敗した方法

「じゃぁ、どこでハフレと出会えば良いのか」という話です。エッチなしのハグのみ。そんな都合のいい関係がすぐに見つけられたら苦労しません。

肉食系女子なら、逆ナンという方法も可能かもしれませんが、私はそこまでの勇気はありませんでした。

学生時代から友達と言えば、女性ばかりで男友達はいません。元カレに頼む人もいるようですが、個人的にはムリ。

てことで頼みの綱ネット。私が最初に利用したのはハグフレンドを募集する掲示板です。

ただ、これが正直、失敗。あまり良い結果は出ませんでした。

というのも気軽に書き込みをしたのはいいんですが、少し時間が経過したら、迷惑メールの嵐

からかうだけのイタズラメールだったり、露骨に性的な内容の文章や、「いまからすぐにホテル行こう」というナンパ、他にも性的な画像がストレートに送られたこともありました。

正直、かなり怖かったのを覚えています。

中には良いなと思える男性からの書き込みもあったんですが、実際に会うと50代のスーツを着たおじさま。既婚者だったこともあります。

基本的に、インターネットを使ってハフレを求めるなら、とにかく安全性を重視するべきです。

とにかくそれからというもの私は大手が運営するネット掲示板アプリでのみハフレを募集するようにしています。

私がハフレ(ハグフレンド)を募集する時に使っているアプリ

私が利用しているのは、「PCMAX」というマッチングアプリです。

PCMAXは掲示板機能が充実しているマッチングアプリで、プロフィールや掲示板の中からフリーワード検索ができるのが特徴です。

↓フリーワードで検索。「ハグフレ」「ハフレ」「ハグフレンド」あたりで検索しましょう。「ハグフレ」あたりがいい感じ。

↓このようにたくさんのハフレ募集が見つかる。

女性なら掲示板に書き込んでハフレを募集するのが手っ取り早いですよ。募集すればすぐにメッセージをもらえます。

あとはプロフィールなどから自分に合った相手を選ぶだけ。たぶん、ハフレを募集するならこれが一番効率的だと思います。

使い方も特にむずかしくなくて使いやすいです。ハフレは会いたいときにすぐに会えるのが大前提ですから、地域や年齢、目的などで絞りこめるのも便利でした。

登録も掲示板の利用も無料ですので一度使ってみて下さい。ちなみにアプリ版もありますが、掲示板が使えるのはWEB版です。

>>掲示板が使えるWEB版はこちら

出会い、恋活を応援するアプリ PCMAX(ピーシーマックス)

出会い、恋活を応援するアプリ PCMAX(ピーシーマックス)
開発元:MAX, Corporation
無料
posted with アプリーチ

※18歳未満は利用禁止です(高校生も不可)

ハフレ(ハグフレンド)づくりに安全なことが超重要

今でこそ日常的に「PCMAX」を使っていますが、最初は恐る恐る使っていました。

先ほどの通り、無料のハフレ募集掲示板を使って、迷惑メールがたくさん届いたり、年齢を偽られたり、既婚者だったり、ネットの出会いだと嘘はいくらでもつけるからです。

しかし、「PCMAX」は15年以上も企業が運営しているので、個人情報の管理がしっかりしています。1度も迷惑メールが来たことはありません。

また、24時間パトロールがされていて、業者はすぐにアカウント停止。ブロックや通報機能も充実しています。

年齢確認もあって手間がかかる反面、年齢を偽れないので利用者としてはすごく安心できます。

ちなみに電話番号や住所など、本名などの登録は不要ですので、個人を特定されることもありません。

掲示板もアダルトはないですし、誹謗中傷もなくしっかり管理されています。女性としては非常に使いやすいです。

あとプロフィールに写真もついていることも安心ですし、何より自分好みの男性を簡単に探せます。

これが、私がハフレ募集に「PCMAX」をおすすめする理由です。

PCMAXは会員数はなんと先日1,000万人を突破したとのこと。日本人の1割以上が登録していることになりますからハフレと効率的に出会えるはずですよね。

登録も利用も無料の「PCMAX」をぜひ一度使ってみてください。

公式サイトはこちら

ハフレ(ハグフレンド)を作るメリット・デメリット

ハフレを作るメリットはたくさんあります。私の場合は、一人でさびしくて男性に抱きしめられながら眠りたかったからです。

ただ、彼氏、彼女の関係になるのは仕事もあるし面倒だと感じました。でも抱きしめられたいというすごく複雑な心情があったんです。

ハグフレンドは抱きしめられたいという欲求を満たすことができたんですね。

他にもフランスの臨床心理学者がある説を語っています。ハグをすることでオキシトシンと呼ばれる幸せホルモンが出るそうなのです。

このホルモンが出ることで、不安感が和らぐとも考えられています。だから、ハグをすることは安心感を得られたり、ストレス解消にもつながるというわけです。

実際、誰かと抱き合ったら、不安感がやわらいだ経験はありませんか?しかし一方でデメリットも存在しています。

お互い最初はハグだけの関係だと思っていたのに、相手や自分が恋愛対象として見始める可能性があるんです。

ハグだけではなかなか盛り上がらないかもしれませんが、そこに加えてソフレまでプラスしてしまうと、ついつい最後まで行ってしまうリスクはあるかもしれません。

ただ、それも相手次第。今のところ、私は大丈夫です。ただ、そんなリスクもあることを知っておいてください。

好きになったのに、「僕たちはハフレ」と言われたら、もう、気持ちの持って行き場がなくなり悩んでしまうことも出てくるかもしれませんね。

もしかしたら相手があなたのことを好きになってしまう可能性もあります。

そうならないためには、公共の場だけで抱き合うというルールにしても良いでしょう。外ならさすがに過ちが起きる可能性は低いはずです。

ハフレ(ハグフレンド)とはそもそもなに?

ただ「ハフレ?なにそれ?」と思っている人も多いかもしれません。簡単に言えば「ハグフレンド」のことなのです。ハグは「抱きしめ合う」ということ。

つまり、「抱きしめ合うための友達」「抱きしめ合える友達」と言っても良いかもしれません。

世の中には、◯◯フレンドが他にもたくさんありますよね。キスフレンドや、添い寝するだけのソフレなどが代表的です。そのハグバージョンと考えてみてください。

登録も掲示板の利用も無料ですので一度使ってみて下さい。ちなみに掲示板が使えるのはWEB版です。

>>掲示板が使えるWEB版はこちら


公式サイトはこちら

出会い、恋活を応援するアプリ PCMAX(ピーシーマックス)

出会い、恋活を応援するアプリ PCMAX(ピーシーマックス)
開発元:MAX, Corporation
無料
posted with アプリーチ

※18歳未満は利用禁止です(高校生も不可)

みんなに読まれている記事

ピックアップ記事

  1. アニメ・ゲーム好きが集うLINE掲示板アプリ3選

    アニメやゲームの話題で思いっきり盛り上がれるLINE友だちが欲しい!LINE掲示板を使っても…
  2. LINEリレーの使い方とおもしろ活用事例6選

    つい先ほどLINEがアップデートされ、新しい機能「リレー」がリリースされましたね。簡単に言う…
  3. twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法

    twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法「twitterが急に消えた!…
  4. MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!

    MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!「MERYがなくなって代わりの…
  5. 高画質な写真が撮れるカメラアプリ3選(iPhone,android対応)

    高画質な写真が撮れるおすすめカメラアプリ3選(iPhone,android対応)「高画質な写…

ピックアップ記事

  1. LINEブロックを解除する心理として考えられること LINEブロックされるととても悲しいですよね。…
  2. 爽快感が味わえるバイク系ゲームはやっぱり人気!他人への迷惑や自分の安全を考えれば、現実の世界…
  3. 今日はイケメンとスマホで恋愛できるゲームアプリを紹介します。甘いささやきに強引なキスに毎日キ…
  4. 今日はチャットができるオンラインゲームアプリを紹介します。チャットができると友だちの幅も広が…
  5. 今日は日本のソシャゲに飽きたみなさんに海外で流行っているおすすめ人気ゲームアプリを紹介します。 …

新着情報

ランダム記事

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る