街なかで見かけるグローバルブルーのタックスフリーってなに?

街なかで見かけるグローバルブルーのタックスフリーってなに?

みなさんはグローバルブルーというサービスをご存知ですか?

都心の百貨店や大手のショッピングセンターなど外国人の方がよく来る場所で「グローバルブルータックスフリー」という文字を見かけた人も多いはず。

ここでは外国人のみならず、海外旅行する日本人の方にもお得なグローバルブルータックスフリーについて説明します。

グローバルブルーとは

免税手続きサービスの世界最大手のことで、昔はグローバルリファンドと言いました。

日本には2012年に本格参入しています。それがここ最近の外国人観光客の増加で一気に脚光を浴びた形です。

http://localservices.globalblue.com/jp_jp/

免税手続きサービスってどんなサービス?

みなさんも外国へ行った時、免税申請をされますよね。

外国で買った商品にも消費税のような税がかかります。商品を買う時はこの税金を払いますが、空港で免税手続きをすれば税金が戻ってきます。

しかし、その免税手続きが面倒。誰か代わりにやってくれないかな…。

それを実現するサービスがこのグローバルブルーというサービスです。

外国人観光客とすれば便利なグローバルサービスなので、店側は対応することで、集客のつながります。

日本では三越伊勢丹がいち早く導入していますが、それもうなずけますね。

どうやって使うの?

予め個人情報を登録しておくとカードが渡されるようです。

それを店舗で提出すれば個人情報など全て記載された申請書をもらえるらしく、それを空港など主要な場所に設置されている窓口に渡せば還付されるとのこと。

ただでさえわかりにくい役所の資料に加えて外国語で書かれている紙に一枚一枚記入する手間が省けるのは大きいですね。

また、窓口も世界中にあるらしく、申請しやすく、また返金も現金かクレジットカードから選べるという非常に便利なサービスです。

ついつい買い物が増えてしまう恐れもありますよね。

どこでやってるの?

日本では百貨店、家電量販店、ショッピングセンターなど外国人が大量買いするような場所でやっています。

最初は三越伊勢丹が導入した後、各百貨店が追随しました。いわゆる爆買いされる家電量販店でも差別化できるため、導入されている店が多いです。

最近こういった場所で見慣れないグローバルブルータックスフリーというチラシはこれの告知です。

日本人にメリットは?

日本国内にいる限りは特に恩恵は受けませんが、みなさんが海外旅行をした際は同じ恩恵を受けることができます。

財布の紐が緩まないように注意しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最近特に目につくグローバルブルータックスフリーというサービスを紹介しました。

海外旅行&買い物が好きな女子は必見のサービスになりそうですね。

ぜひ使ってみてください。

みんなに読まれている記事

ピックアップ記事

  1. アニメ・ゲーム好きが集うLINE掲示板アプリ3選

    アニメやゲームの話題で思いっきり盛り上がれるLINE友だちが欲しい!LINE掲示板を使っても…
  2. LINEリレーの使い方とおもしろ活用事例6選

    つい先ほどLINEがアップデートされ、新しい機能「リレー」がリリースされましたね。簡単に言う…
  3. twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法

    twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法「twitterが急に消えた!…
  4. MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!

    MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!「MERYがなくなって代わりの…
  5. 高画質な写真が撮れるカメラアプリ3選(iPhone,android対応)

    高画質な写真が撮れるおすすめカメラアプリ3選(iPhone,android対応)「高画質な写…

ピックアップ記事

  1. PC版LINEとスマホでトークを同期させる方法とできない時の対処法PC版LINEとスマホのL…
  2. LINEのスタンププレビューって何?設定するとどうなる?スタンププレビュー機能とはトークにて…
  3. LINEスタンプ整理術!不要なスタンプの削除と並び替え方法LINEのトークで使えるスタンプ、…
  4. 【2017年版】LINEトークを5秒で一括バックアップする方法(android編)andro…
  5. LINEのブロック・通知オフ・非表示・削除の違い違いが分かり辛い4つの機能について詳しく説明…

新着情報

ランダム記事

  1. country

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る