Facebookを辞めたい人必見!辞める決心をする7の理由

Facebookを辞めたい人必見!辞める決心をする7の理由

日本でも広く浸透しているFacebookですが、「辞めたい」と思った事はありませんか?最近は、海外でもFacebook離れが進んでいる傾向にあるようです。

ここでは、「Facebookを辞めたい。」と考えている方の為に、ネット上の色々な情報や、実際に辞めた方々の意見などを参考に、辞める理由について、まとめてみました。

以前書いたこちらの記事
>>【Facebookユーザーだけの特権】本気で婚活できる2つのFacebookアプリ
が大反響でした。Facebookユーザーの方は合わせてどうぞ。

1.面倒だから

 単純に「更新が面倒だ。」という事はありませんか?Facebookの更新も、ログインもせず、そのまま放置している方も多いのではないでしょうか。

個人情報を載せたまま放置というのは、万一、それらが漏れた時を考えると、不安や心配が残ります。

また、登録したままにしていると、放置はしていても、心のどこかで気になっている事も、少なからずあると思います。

それなら、いっそFacebookを辞めてみては、いかがでしょうか。

2.自慢大会が多い

Facebookの内容が、自慢大会のようになっているという声も、ユーザーの中から多く聞かれます。

自分が自慢するのも、相手の自慢を見たり、それらに反応するのも、疲れませんか?また、極端な話ですが、Facebookで自分の価値を測ったり、頼ったりする事にもなりかねません。

SNSが生活や人生のメインになってしまうのは、間違っていると思います。自分が無理をしていると感じた時点で、辞めるという選択肢も考えてみて下さい。

3.本当の友達って?

他サイトの情報ですが、海外サイトの調査によると、Facebookを辞めた理由について、「友達リストの人数が多くても、本当の友達は数人だけだと気付いたから。」「広告ばかりで、Facebookで友達との本当の交流が出来ると思えない。」などという声も上がっているようです。

SNSの友達の人数だけが、友人関係のバロメーターではありません。もちろん、SNSをきっかけに、良いご縁や素敵な出会いがあるかもしれません。ただ、SNSに偏る事は問題です。

4.知りたくないから

Facebookは実名登録なので、過去の交際相手や疎遠な友達など、普段の交流が無い人の動向も分かってしまいます。

知りたくないなら、見なければ良い話ですが、気になってしまうのが人情です。人と繋がりやすい反面、知りたくない事が分かってしまう場合も多々あります。

そのような投稿から、自分で距離を置ければ良いです。しかし、それが難しいなら、Facebook自体をきっぱり辞めて、余計なモヤモヤやイライラから解放される方が、自分の為になるのではないでしょうか。

5.時間の無駄

これも他サイトからの情報ですが、ある研究では1日平均、男性は64分、女性は81分をFacebookに費やしているという結果が出ているそうです。

これは、結構な数字だと思います。そのサイトには、「Facebookには中毒性がある。」とも書いてありました。

Facebookに費やす時間を、他の事に使えるとしたら、どうでしょう。趣味や勉強はもちろん、Facebook上ではなく、実際に友達に会いに行ってみるなど、有意義な時間の使い方は、他に色々あります。

Facebookに使っている時間を、他の何に使うか、有意義に過ごせるかは、自分次第です。

6.プライバシー

これも、Facebookに限らず、SNSを利用する上での問題です。

当たり前ですが、他の人の投稿内容までは制限できませんし、自分の知らない所で、顔写真が公開されたり、投稿を閲覧されたりする可能性があります。

Facebookではありませんが、筆者自身も、友人が勝手にSNSに写真をアップし、不愉快な思いをした事があります。

また、就活生の素性調査に、採用側がFacebookを利用する事もあるそうです。

SNS自体、不特定多数の人に閲覧されたり、色々な人と交流する場でもありますが、自分の知らない所で、勝手に情報が出回る事はなるべく避けたいですし、あまり良い気持ちはしませんね。

7.人間関係の煩わしさ

3番や4番の内容と、少し重なる部分がありますが、関わりたくない人とも繋がってしまうのがSNSです。

会社の上司や仕事の取引相手、学校の先輩など、本来は、仕事や学校など、その場で済む人間関係が、極端に言うと、365日、24時間、続くわけです。

実際、その煩わしさから、Facebookを含むSNSを辞めた人も多いようです。現実の生活だけでも煩わしくなりがちな人間関係が、時間や場所を問わずつきまとうのは、自分の思う以上にストレスになりかねません。

最後に

Facebook自体は、そんなに悪いものではないと思います。筆者は、Facebookをきっかけに、30年近く疎遠だった知人と、再び連絡を取れるようになりました。

その使い方や人との距離感が適切であれば、嬉しい出会いも沢山あります。ただ、便利な反面、SNSにとらわれやすくなる一面もあります。

Facebookで広がるはずの世界で、自分が窮屈さや疲れを感じるなら、そこから離れた方が良いでしょう。

みんなに読まれている記事

ピックアップ記事

  1. アニメ・ゲーム好きが集うLINE掲示板アプリ3選

    アニメやゲームの話題で思いっきり盛り上がれるLINE友だちが欲しい!LINE掲示板を使っても…
  2. LINEリレーの使い方とおもしろ活用事例6選

    つい先ほどLINEがアップデートされ、新しい機能「リレー」がリリースされましたね。簡単に言う…
  3. twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法

    twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法「twitterが急に消えた!…
  4. MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!

    MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!「MERYがなくなって代わりの…
  5. 高画質な写真が撮れるカメラアプリ3選(iPhone,android対応)

    高画質な写真が撮れるおすすめカメラアプリ3選(iPhone,android対応)「高画質な写…

ピックアップ記事

  1. LINEブロックを解除する心理として考えられること LINEブロックされるととても悲しいですよね。…
  2. 爽快感が味わえるバイク系ゲームはやっぱり人気!他人への迷惑や自分の安全を考えれば、現実の世界…
  3. 今日はイケメンとスマホで恋愛できるゲームアプリを紹介します。甘いささやきに強引なキスに毎日キ…
  4. 今日はチャットができるオンラインゲームアプリを紹介します。チャットができると友だちの幅も広が…
  5. 今日は日本のソシャゲに飽きたみなさんに海外で流行っているおすすめ人気ゲームアプリを紹介します。 …

新着情報

ランダム記事

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る