LINEステータスメッセージ(ステメ・ひとこと)空欄!?設定するメリット・デメリット

LINEステータスメッセージ(ステメ・ひとこと)が空欄!?設定するメリット・デメリット

LINE機能の一つである「ステータスメッセージ(旧ひとこと)」は、使っている方も多いでしょう。

しかし、この「ステータスメッセージ」機能に書き込むことによって、どのようなメリットとデメリットがあるのか、考えたことはありますか?

ここでは、「ステータスメッセージ」機能の追加情報と、使用時のメリット・デメリットについて、取り上げたいと思います。

1.「ひとこと」は「ステータスメッセージ(ステメ)」に

01

LINE機能の1つである「ひとこと」は、自分の近況や気分などを、プロフィール画面から書き込めるものです。

LINEのバージョン5.3.0以降は、この「ひとこと」機能が「ステータスメッセージ(ステメ)」となり、その仕様は多少変わっています。

ただし、プロフィールに書き込みをし、トップ画面や友だち一覧画面にて、LINE登録している友だちが、自分の書き込みを見る事が出来るという点は変わっていません。

従って、ここでは「ステータスメッセージ」として、話を進めていきます。

2.「ひとこと」と「ステータスメッセージ」の違い

LINEのアップデートにより、「ステータスメッセージ」となりましたが、「ひとこと」との主な違いについて、本題の前に少し触れておきます。

・履歴機能

02

一番の違いは、「ひとこと」にはあった、「履歴機能」が無くなったことです。

「ステータスメッセージ」にも過去の書き込みを保存できる、「Keep」という保存機能がありますが、「ひとこと」の時のような、トーク画面式の保存はできません。

「Keep」機能では、文字は文字のみ、他に写真・ファイルと、それぞれに分けての保存になります。

・文字数制限

03

もう一つの違いは、文字数制限が強化された点です。「ひとこと」も表示文字数は20文字でしたが、入力時は500文字までの入力が可能でした。

一方、「ステータスメッセージ」は、入力も表示も20文字までとなっています。「ステータスメッセージ」で21文字以上を書き込もうとしても、入力できません。

3.ステータスメッセージ設定のメリット

では、本題の「ステータスメッセージ」を書き込むことによる、まずはメリットについて考えてみます。

・書き込みが簡単

前述したように、「ステータスメッセージ」の書き込みはプロフィール画面から出来ます。

20文字という制限があるので、短文である分、書き込みも簡単になります。タイムラインやトークでも、短文の書き込みは出来ますが、沢山書けるとなると、どうしても長文になりやすい傾向もあります。

その点、「ステータスメッセージ」は、簡単な内容を手早く書き込みたい時に便利です。

・誰でも見られる

冒頭でも述べたように、「ステータスメッセージ」は、LINEに登録している友だちなら、誰でも見る事ができます。

LINEの友だち一覧画面か、書き込みを見たい相手のトップ画面を開けば、一目で見る事が出来るので、見るだけなら、トークやタイムラインより簡単かもしれません。

LINE登録名の長さにもよりますが、「ステータスメッセージ」で文字数制限が強化された事で、友だち一覧画面にメッセージ全文が載りやすくなった事も、見やすくなった要因の一つと言えるでしょう。

・いちいち連絡しなくて良い

グループトークや個人トークでいちいち連絡しなくても、自分の近況や皆に知らせたい事を、「ステータスメッセージ」に書き込めば、見てもらいやすいというメリットがあります。

例えば、「○○仲間募集!」「○○持っている人。貸して下さい。」というように、誰に呼び掛けても良い内容なら、「ステータスメッセージ」でも十分です。

また、「携帯の調子が悪いです。」「機種変のため、しばらく返信できません。」というような、友だちとの連絡に支障が出るような場合にも使えます。

4.ステータスメッセージ設定のデメリット

次に、「ステータスメッセージ」を書き込むデメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。

・文字数制限がある

「ステータスメッセージ」は、あくまでも簡易的な物です。書き込みが簡単な一方で、長文は入力できないというデメリットがあります。

前述したように、20文字までという文字数制限があるので、21文字以上の内容になる場合は、トークやタイムラインを活用した方が良いでしょう。

・公開制限がない

タイムラインの公開制限や、トークのブロック機能のようなものが、「ステータスメッセージ」にはありません。

LINE登録している友だちや、トップ画面を見られる人なら誰でも、「ステータスメッセージ」を見る事が出来ます。

これは便利な反面、不要な人にも自分の書き込みを見られる恐れがあります。

プライベートと仕事で、LINEを使い分けている場合や、リアルな友人・知人では無い人と繋がっている場合などは、書き込む内容に特に注意した方が良いと思います。

最後に

便利なLINEですが、多機能である為に、よく分からないまま使っている事も多いでしょう。

ここでは、「ステータスメッセージ」について取り上げましたが、何を使うにしても、そのメリットとデメリットや、使用時の注意点を、自分でしっかり把握しておく事をおすすめします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 評判の良いマッチブックの唯一のデメリットとおすすめできない人

    マッチブック(Matchbook)は大手リクルートが手がける恋活アプリです。大学生の就職先と…
  2. アニメ・ゲーム好きが集うLINE掲示板アプリ3選

    アニメやゲームの話題で思いっきり盛り上がれるLINE友だちが欲しい!LINE掲示板を使っても…
  3. LINEリレーの使い方とおもしろ活用事例6選

    つい先ほどLINEがアップデートされ、新しい機能「リレー」がリリースされましたね。簡単に言う…
  4. twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法

    twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法「twitterが急に消えた!…
  5. MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!

    MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!「MERYがなくなって代わりの…

ピックアップ記事

  1. 違いが分かり辛い4つの機能について詳しく説明していきます。それぞれ自分にあった設定方法があると思いま…
  2. ブロ削をした相手を自分のLINEアプリ上に復活させたい、なんてお考えの方、大丈夫ですよ。復活させる方…
  3. ある日気づくとLINE Payが登録されていたってことはないですか?LINEはLINE Pa…
  4. 昨日LINEがアップデートされてプロフィールに動画が設定できるようになりましね。さっそく設定…
  5. LINEトーク画面でチャット欄横の「+」を押した時に出るメニュー。いつの頃からか写真一覧が出…

新着情報

ランダム記事

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る