LINE MUSIC、AWA、AppleMusic音楽配信サービスを比較してみた

LINE MUSIC、AWA、AppleMusic音楽配信サービスを比較してみた

スマホが普及した事で、音楽配信サービスも利用しやすくなり、提供会社やサービスが少しずつ増えてきています。

ここでは、その中でも代表的な3つの音楽配信サービスについて、それぞれの内容をまとめてみました。

1.音楽配信サービスの基本

本題の前に、音楽配信サービスの基本について、抑えておきましょう。音楽配信サービスは、スマホの普及や各提供会社のプロモーション活動強化により、近年、ユーザーが増えてきました。

音楽配信サービスを提供している会社は、大きく分けて2つあります。音楽レーベル系の会社と、携帯電話会社(キャリア)です。今回取り上げる、3種類の音楽配信サービスは、どれも音楽レーベル系会社のものに分けられます。

また、音楽配信方法も主に2種類あります。番組を選択し、番組内の音楽が次々と勝手に流れるラジオ型と、好きな音楽を検索して聴くことができる、オンデマンド型です。

それでは、次から、3種類の音楽配信サービスの内容を、具体的に見ていきたいと思います。

2.料金

  • LINE MUSIC:ベーシックプラン¥500/プレミアムプラン¥1,000(Appleは¥1,080)
  • AWA:Liteプラン¥360/Premiumプラン¥1,080
  • AppleMusic:個人プラン¥980/ファミリープラン¥1,480

料金だけで言えば、AWAのLiteプランが一番安いようです。

しかし、楽曲数や取り揃えている音楽ジャンル、利用可能時間(期間)など、料金以外の諸条件も併せてみると、一概にAWAが安いとも言い切れないと思います。これ以降、その他の項目も見てみましょう。

3.曲数と主なジャンル 

  • LINE MUSIC:150万曲以上/J-POPやK-POP
  • AWA:数百万曲(2015年末までに約500万曲予定)/J-POPや洋楽
  • AppleMusic:数百万曲/洋楽やインディーズ

曲数が多くても、その内容がポイントです。きちんとした原曲が揃っていない場合もあるようです。

曲数だけでなく、具体的にどのような楽曲が揃っているか、課金前に確認する事をおすすめします。

4.参加レーベル・プロダクション数

  • LINE MUSIC:28社
  • AWA:23社
  • AppleMusic:非公開

参加レーベル・プロダクション数は、楽曲数にも影響します。

また、好きなアーティストや聞きたい曲が絞られている場合は、所属しているレーベル・プロダクションが、利用したい配信サービスに参加しているか、ちょっと見ておきましょう。

せっかく課金しても、聞きたい楽曲が少ないのでは、意味がありませんよね。

5.無料期間

  • LINE MUSIC:平成27年8月9日で終了/現在は30秒のみ視聴可能
  • AWA:3か月
  • AppleMusic:3か月

LINE MUSICの30秒というのは、サービス自体を判断するには、少々難しいような気がします。

他の2社は現在のところ、3か月の無料期間があるので、楽曲数やその内容などだけではなく、サイト自体の使用感や自分に合っているかも含め、今後の利用について、じっくりと考える事ができそうです。

6.特徴

  • LINE MUSIC:LINEで友達と気軽に共有できる。/料金プランに学割がある。
  • AWA:プレイリスト機能が充実している。/ユーザー登録が不要。
  • AppleMusic:オンラインラジオ「Beats1」やアーティスト情報を提供する「Connect」など、細かい機能充実している。

当たり前ですが、それぞれに魅力的な特徴があります。音楽を聴く時に、自分が何にポイントを置くかによって、選びたい機能やサービスも変わってきますね。

7.総合

ここまではひとつひとつの項目で比較してきましたが、総合評価ではどうでしょうか。

下記の通り、三者三様の結果となりました。

LINE MUSIC

学割がある事からも分かるように、若年世代を主なターゲットとしているようです。

他2つの配信サービスよりも、比較的、ライトユーザーが多いと考えられます。「そこまでコアな音楽ファンではないけれど、流行りの音楽は抑えておきたい。」という方に向いていると思います。

また、LINEでの共有機能が、音楽を通じてのコミュニケーションツールともなり、新しい音楽配信サービスの形として、非常に興味深いものです。

AWA

LINE MUSICよりも、音楽好きの人向けではないかと思います。

邦楽も洋楽もと、幅広い取り揃えがあるようなので、色々な音楽をじっくりと楽しめそうです。

また、プレイリスト機能により、自分の知らない楽曲やアーティストを見つけやすく、好きな音楽の幅を広げられるきっかけにもなるかもしれません。

ユーザー登録不要で、始めやすいのも良いですね。

AppleMusic

iTunes Storeのデーターベースを元にしているので、取り揃えの楽曲は豊富なようです。

ただ、ユーザーの中には邦楽の曲数が少ないという声もあるそうです。Apple Music自体、日本国内よりも、世界市場に重点を置いていると思われます。

この為、洋楽メインに聴きたい場合は、AppleMusicが一番良さそうです。

また、楽曲そのものの提供だけではなく、ラジオやアーティスト情報など、音楽関連の多彩な情報発信がある事も、AppleMusicの魅力と言えるのではないでしょうか。

最後に

既に音楽配信サービスを利用している方も、これから利用する方も、少しでも参考になったでしょうか。

自分の好みや生活スタイルに合わせて、サービスも選んだり使い分けたりして、音楽ライフがもっと楽しく、充実したものになると良いですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 評判の良いマッチブックの唯一のデメリットとおすすめできない人

    マッチブック(Matchbook)は大手リクルートが手がける恋活アプリです。大学生の就職先と…
  2. アニメ・ゲーム好きが集うLINE掲示板アプリ3選

    アニメやゲームの話題で思いっきり盛り上がれるLINE友だちが欲しい!LINE掲示板を使っても…
  3. LINEリレーの使い方とおもしろ活用事例6選

    つい先ほどLINEがアップデートされ、新しい機能「リレー」がリリースされましたね。簡単に言う…
  4. twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法

    twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法「twitterが急に消えた!…
  5. MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!

    MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!「MERYがなくなって代わりの…

ピックアップ記事

  1. LINEのスタンププレビューって何?設定するとどうなる?スタンププレビュー機能とはトークにて…
  2. LINEスタンプ整理術!不要なスタンプの削除と並び替え方法LINEのトークで使えるスタンプ、…
  3. 【2017年版】LINEトークを5秒で一括バックアップする方法(android編)andro…
  4. LINEのブロック・通知オフ・非表示・削除の違い違いが分かり辛い4つの機能について詳しく説明…
  5. LINEでブロ削した後に復活させる方法ブロ削をした相手を自分のLINEアプリ上に復活させたい…

新着情報

ランダム記事

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る