関西の遊び場!迷路や滑り台などがある有馬富士公園が楽しい

関西の遊び場!迷路や滑り台などがある有馬富士公園が楽しい

みなさん子どもとの遊びに困っていませんか?

ゴールデンウィークやシルバーウィークなど長期

毎日のように言われる「遊びに連れて行って」攻撃。天気もいいし、連れて行ってもいいけど、どこがいいんだろう?と悩みますよね。

そんなお父さん、お母さんに朗報。関西に子どもが一日中遊べる公園がありましたので紹介します。

その名も有馬富士公園(三田公園)です。兵庫県にある公園ですが、大阪、京都から1時間半とアクセスがいいです。

どんな公園?

公園と言っても巨大です。一般的な運動場数個分ぐらいの広さですね。整備されてきれいな自然の中で一日中安心しながら遊ぶことができます。

公園の中は山のようなアスレチックに大きな滑り台、迷路やかくれんぼができる入り組んだ建物、音がなる楽器やふわふわしてジャンプできる雲、吊橋やトンネルといったいろんな遊具があります。

私の子どもは迷路が大好きなので、巨大迷路を探してこの公園に行き着きました。

かなり広いのでお弁当を持ち込んで、ピクニックもおすすめです。

何よりこの公園、無料です。ただ駐車場は一日1,000円・・・ということもなく駐車場も無料です!ほんと至れり尽くせり。

唯一難点は完全屋外なので、雨天だと遊べませんのでご注意を。

ちなみに対象年齢は2歳~10歳といったところです。

こんな公園です

では紹介していきましょう。

着くと広大な駐車場が待ち受けています。こちらが完全無料です。敷地内にはセンターと遊びの王国の2つの施設があるので遊びの王国へ向かいましょう。

広大なので、小さなお子さんがいる方は近くに停めることをおすすめします。

DSC_0067

こんな看板を目印に。呼び名が有馬富士公園、三田公園、遊びの王国とあるようでややこしいですね。いい忘れてましたが、この公園は雷様をテーマにしているようで、空の上をイメージさせるものや鬼がいたりします。
DSC_0068

カミナリの砦(2歳~4歳向け)

カミナリの砦というエリアですね。
DSC_0031

このエリアの全体像はこんな感じ。ここは音が出る遊具が大きく、比較的小さい子どもが遊べます。
DSC_0029

ふわふわ雲をモチーフにした柔らかい遊具です。こけても安心。
DSC_0024

晴れた日は反射させて遊ぶと思うのですが、この日は曇りでした。
DSC_0025

大自然っす。
DSC_0026

かまくらのような住居。子どもからすれば基地として遊べるかも。
DSC_0027

雷様の太鼓。叩くと音が出ます。小さな子供は好きそうです。
DSC_0028

小さな子向けの小さな滑り台があります。
DSC_0030

鬼ケ富士(4歳~10歳)

公園の中心にでっかい山があります。

DSC_0033

大きな滑り台は5歳以上、頂上にある小さな滑り台は小さな子どもでも大丈夫です。
DSC_0032

トンネルをくぐって、ハシゴを登ったら山に登れます。子どもは好きそう。
DSC_0034

道無き道を登るのも一興。
DSC_0036

こちらが大きな滑り台。けっこうスピードが出るので5歳以上限定です。大人が小さな子どもを抱えて滑るのは危険ですのでご注意を。
DSC_0035

いちばん上には鬼の絵が。

DSC_0045

小さな滑り台もあるので小さな子どもでもOK。
DSC_0046

みんなの村(4歳~10歳)

こちらは迷路やジャングルジム、砂場、DSC_0037村(基地として遊べる)があるエリアです。私はこの迷路目的で着ました。

全体像はこんな感じ。
DSC_0051

いろんな住居があります。かくれんぼが楽しいです。大人が上からのぞいて・・・バァ!
DSC_0053

DSC_0052

DSC_0057

小さなアスレチックを兼ねた砂場。水もあるので泥遊びするもよし、遊んだ後洗うもよし。
DSC_0054

こちらはジャングルジム。
DSC_0058

こちらが期待の巨大迷路!!期待を裏切らない感じ。滑り台やはしご、トンネルや鏡もあって飽きさせません。かくれんぼ、おにごっこもできます。めちゃ楽しいです。

DSC_0059

DSC_0060

中央に見晴らし台もあるので大人が子どもを誘導するのもいいでしょう。
DSC_0061

DSC_0062

DSC_0063

鬼の食卓(4歳~10歳)

大鬼のご飯をモチーフ。
DSC_0047

トンネルや、
DSC_0049

入り組んだ平均台やアスレチックなどがあります。平均台落ちたら最初から!といったルールで競うのはおもしろいです。
DSC_0050

その他

自然が豊かなのでピクニックできます。ゴミは持ち帰りましょうね。
DSC_0042

DSC_0038

吊橋もあります。

DSC_0039

その他、トイレや休憩所もあります。自動販売機もあるので熱中症対策も大丈夫。

最後に

いかがでしょうか。これだけあればお弁当さえ持っていけば一日中遊べると思います。

関西周辺からのアクセスもいいので、ドライブがてら一度行ってみてはいかがでしょうか。

いい思い出になると思いますよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 評判の良いマッチブックの唯一のデメリットとおすすめできない人

    マッチブック(Matchbook)は大手リクルートが手がける恋活アプリです。大学生の就職先と…
  2. アニメ・ゲーム好きが集うLINE掲示板アプリ3選

    アニメやゲームの話題で思いっきり盛り上がれるLINE友だちが欲しい!LINE掲示板を使っても…
  3. LINEリレーの使い方とおもしろ活用事例6選

    つい先ほどLINEがアップデートされ、新しい機能「リレー」がリリースされましたね。簡単に言う…
  4. twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法

    twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法「twitterが急に消えた!…
  5. MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!

    MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!「MERYがなくなって代わりの…

ピックアップ記事

  1. 違いが分かり辛い4つの機能について詳しく説明していきます。それぞれ自分にあった設定方法があると思いま…
  2. ブロ削をした相手を自分のLINEアプリ上に復活させたい、なんてお考えの方、大丈夫ですよ。復活させる方…
  3. ある日気づくとLINE Payが登録されていたってことはないですか?LINEはLINE Pa…
  4. 昨日LINEがアップデートされてプロフィールに動画が設定できるようになりましね。さっそく設定…
  5. LINEトーク画面でチャット欄横の「+」を押した時に出るメニュー。いつの頃からか写真一覧が出…

新着情報

ランダム記事

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る