ベネッセのオンライン学習サービス【BenePa(ベネパ)】を試したので早速レビュー!

ベネッセのオンライン学習サービス【BenePa(ベネパ)】を試したので早速レビュー!

みなさんはベネッセの新サービスBenePa(ベネパ)というのを知っていますか?最近、けっこうCMをしているので知っている人も多いかもしれませんね。私も最近まで知らなかったのですがCMで知った一人です。

ベネッセと言えば派遣社員が個人情報を売ってしまったというネガティブなニュースが記憶に新しいですが、それでも長年培われた知育、教育のノウハウは業界トップですので、子どものことを考える親としては気になります。

ということで今回は話題のBenePaを使ってみたのでレビューをしたいと思います。

BenePa(ベネパ)ってどんなサービス?

ベネパはパソコンさえあればいつでも好きな時にパソコンを使って勉強できるeラーニング(オンライン学習)サービスです。

キャッチコピーは「こどもちゃれんじ・進研ゼミの新しいカタチ」と謳われており、ベネッセの時代に合った新サービスにかける意気込みが感じられますね。

使用するにはWEBで登録するのはもちろんですが、現在はローソンだけで販売されているプリペイドカードを買う必要があります。1パック500円というお手軽価格設定です。「今どきわざわざ店頭で買うの?」と思われるかもしれませんが、イメージとしては、幼児から18歳までの教材がコンビニで買える!ということにあると思います。

プリペイドカードなので入学祝いとしてのプレゼントやギフトにすることもできるでしょうし、BenePaでの勉強に比例したお小遣いにするというような使い方もできるかもしれませんね。

何歳を対象となっているの?勉強できる教材は?

まとめてみました。この表は一例でどんどん増えています。

年齢内容
幼児向けリズムダンス、ひらがな、英語、入学準備の数、計算
小学生[算数]学年別の計算、量、図形、[英語]小6向けの中1英文法先取り
中学生[数学]学年別の計算、関数、図形、[英語]学年別の英文法
高校生[数学]数学Ⅰ、数学A、数学Ⅱ、[英語]英文法

BenePaを使ってみた(準備編)

まずはプリペイドカードを手に入れなければなりません。お近くのローソンに走ってください。私の家の近くのローソンの場合はAmazonやLINEなどのプリペイドカードと一緒のコーナーに売られていました。ネットで見ると本棚のコーナーに置かれていることもあるようなので見当たらなければ店員さんに聞いてみてください。

1パックあたりワンコイン(500円)でお手頃価格です。1教材のことを1パックという単位にしてあるようです。ちなみにプリペイドカードなのでおサイフケータイやクレジットカードは使えないので注意。

DSC_0037

おなじみのとらじろうがかわいいプリペイドカードですね。この他にもロゴのプリペイドカードが2つありました。

DSC_0038

2つ折りの中身はこんな感じ。

DSC_0039

裏面に注意書き。購入日から6ヶ月以内に使わないと失効するので注意してください。

DSC_0041

波模様の銀シールの箇所にシリアルNoが記載されています。

DSC_0042

ここの銀シールを10円玉などでこすってシリアルNoを手に入れれば準備完了です。このシリアルNoはあとで教材を買うときに使いますので忘れたり、失くしたりしないでください。

BenePaを使ってみた(登録編)

次に登録します。まずこちらからBenePaのサイトへアクセスします。

BenePa(ベネパ)

benepa1

アクセスすると右上または左下に新規登録ボタンがあります。ちなみに無料でお試しもできます。無料お試しIDもローソンに置いてありますので店員さんに聞いてみましょう。

benepa2

会員情報を登録します。パスワードに大文字が使えないので注意してください。ちなみに一般的に個人情報と言われる情報(名前、住所、電話番号、メールアドレスなど)は一切入力の必要がありません

benepa3

ログインすると教材が出てきます。まだまだ少ないですね。私は左下の新着情報からニガテ集中攻略シリーズを選んでみました。

benepa4

タブから幼児向け、小学生向け、中学生向け、高校生向けを選びます。そしてそれぞれに教材があるので好きなものを選びます。

benepa5

教材の内容が表示されますので、気に入れば右上の今すぐ交換するをクリックします。

benepa6

チケットが不足しているので、チケットを発行するをクリックします。

benepa7

先ほど手に入れたプリペイドカードのシリアルNoを入れます。

benepa8

カートへいくをクリックします。

benepa9

パックと交換するをクリックします。これで購入は完了です。

BenePaを使ってみた(利用編)

まずマイページに行きます。

benepa11

購入した教材一覧が出てきますので好きなものを選んで勉強します。

流れとしては、

・授業を受けて、

・問題を解いて、

・復習する

という流れのようです。流れに沿って授業を受けることができますし、正答率も出るので復習もしやすそうです。

benepa12

授業風景です。画像をふんだんに使ってありますし、音や声も使われており退屈しません。こどもも喜びそうです。

良い点

  • チャットでもっと伸びるやり方を無料相談できる!
  • プリペイドカードなので入学祝いのギフトや誕生日プレゼントなど利用シーンが広そう。
  • 擬似的にコンビニに教材が置いてあるという新しいカタチの教育としての今後の可能性を感じる。
  • 個人情報を一切入れる必要がない。

個人的には教育の無料相談ができるのはありがたいですね。子どもが小さいこともあって「すうじ」を覚えさせたいけど、興味の持たせ方がわからず苦労することがありましたから。あと入学祝いの定番ともなりそうですね。

最近では珍しく、個人情報を入れる必要がないところにベネッセの個人情報漏洩防止の本気を見た気がします。

悪い点

  • ネットだけで完結できないのはやはり今の時代は不便。
  • 私の子ども(3歳児)はやはりiPad使いなのでパソコンだと不便。小学生、中学生にはスマホが必須では。
  • 次ページにいくなど直感的に少しわかりづらい。iPadに慣れた世代だとなおさら?
  • 教材は思いの外少ない。内容もちょっと薄いかも?今後に期待。

やはりiPadやスマホで使えないのは致命的な気がしますね。これだけでも幼児の興味をそぐ気がします。うちの子ども(3歳児)はもっぱらiPadとスマホをがんがん使いこなします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。まだまだ荒削りな感のあるBenePa(ベネパ)ですが、一方で今後の可能性をかなり感じる新サービスかと思います。値段も1コイン(500円)でお手頃ですし、一度試されてもいいかもしれませんね。

ちなみに教材は1年間しか見れないみたいですので兄弟で使うということはできないようです。ではベネッセ新サービスのBenePaの最速レビューでした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 評判の良いマッチブックの唯一のデメリットとおすすめできない人

    マッチブック(Matchbook)は大手リクルートが手がける恋活アプリです。大学生の就職先と…
  2. アニメ・ゲーム好きが集うLINE掲示板アプリ3選

    アニメやゲームの話題で思いっきり盛り上がれるLINE友だちが欲しい!LINE掲示板を使っても…
  3. LINEリレーの使い方とおもしろ活用事例6選

    つい先ほどLINEがアップデートされ、新しい機能「リレー」がリリースされましたね。簡単に言う…
  4. twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法

    twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法「twitterが急に消えた!…
  5. MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!

    MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!「MERYがなくなって代わりの…

ピックアップ記事

  1. LINEのスタンププレビューって何?設定するとどうなる?スタンププレビュー機能とはトークにて…
  2. LINEスタンプ整理術!不要なスタンプの削除と並び替え方法LINEのトークで使えるスタンプ、…
  3. 【2017年版】LINEトークを5秒で一括バックアップする方法(android編)andro…
  4. LINEのブロック・通知オフ・非表示・削除の違い違いが分かり辛い4つの機能について詳しく説明…
  5. LINEでブロ削した後に復活させる方法ブロ削をした相手を自分のLINEアプリ上に復活させたい…

新着情報

ランダム記事

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る