スマホで十分!お金をかけず売れる商品撮影用の照明の選び方と組み立て(1/2)

スマホで十分!お金をかけず売れる商品撮影用の照明の選び方と組み立て(1/2)

最近はLINEモールやOrigami、フリル、メルカリなどスマホアプリが出たことで、個人でもさらに商品の売買がしやすくなりましたね。
元々スマホアプリであることから、最近は一眼レフなどで撮るような本格的なものではなく、スマホで十分と考える方も増えました。

ただ、スマホアプリは商品情報が少ないことから商品写真が命といっても過言ではありません。
そこでスマホで可能な限りプロのような商品写真を撮るための機材の選び方と組み立て方を紹介しています。今回は照明編です。

選び方は撮影スタイル

選ぶポイントは1つだけです。撮影スタイルを選んでください。
あなたは小物と合わせて撮ることが多いですか?それとも商品単体の撮影が多いですか?

小物と合わせて撮る場合は下記のような撮影スタイルです。
写真撮影用照明セット◇5灯ソケット+スタンド+傘

スタンドの高さの調節と首は可動式です。首は上下左右に傾けることができますが、スタンド全体を傾けることはできません。遠くから全体を明るくすることで柔らかい印象にすることや陰影に立体感を出すことに適しています。

また上面が鏡のようになっている商品を上から照明を当てると照明機材が映り込んでしまいますので、そのような商品でも撮りやすいです。

商品単体の撮影が多い方はこちらです。

H1L 商品撮影ライト+ブームスタンドセット(23826)

高さの変更、回転に加えてスタンドの首を大きく傾けることができるので、真上の間近からでもライトを当てることができます。それにより商品に光が良くあたることで明るい商品写真にできます。また、影も少なくできるので商品が際立ちます。

スタンドの首を傾けなければ、真横から光を当てることができますので、こちらの商品を買えば両方の用途に対応できます。

今回買った商品

今回私はあまりお金をかけたくなかったため、首固定タイプのこちらを書いました。
たった5,000円で照明機材全部入りです。
アマゾンレビューも60件ついており、総合評価4とかなりの満足度の様子。

写真撮影用照明機材セット【5灯ソケット】
写真撮影用照明機材セット【5灯ソケット】

電球は別売りなので合わせて手に入れてください。僕はこれは買いました。色温度=5000Kの昼白色です。
Panasonic パルックボールプレミア D25形 ナチュラル色 電球100形タイプ E26口金 1390 lm EFD25EN20H

Panasonic パルックボールプレミア D25形 ナチュラル色 電球100形タイプ E26口金 1390 lm EFD25EN20H

※ここで特に注意です!電球などは近くの電気屋で買ってもいいですが、電灯種類やワット数、色温度などは間違わないようにしてください。僕は一度間違えて、使えない電球5本も買ってしまいました^^;持っていても仕方ないのでAmazonで激安販売をしましたが。

DSC_0116

DSC_0117

届いた商品を開けた状態です。いろいろ入っていますね。

  • ランプユニット
  • ソフトボックス
  • ソフトボックスケース
  • ロッド8本
  • コード
  • デュフューザー
  • スタンド

DSC_0119
こちらがランプユニットです。けっこうゴツいですね。重量感もあります。

DSC_0120

裏面はこんな感じです。電球5個それぞれのスイッチがありますね。

組み立て

では組み立てていきます。説明書には2人で作業するように書いてありますが、今回は1人でやりました。確かにけっこう力がいりましたのでできれば2人でやってください。

DSC_0122
ランプユニットにソフトボックスを被せます。現時点ではあまりフィット感がありません。A型にはムズムズする仕様です。

DSC_0123
前から見た感じです。ポン・デ・ライオンみたいにかわいい(?)ですね。

DSC_0125

ロッドを差し込みます。差し込む位置と順番もあるのでそれに従ってください。適当にやると多分めっちゃ力いります。ちゃんとやってもけっこう力が必要です。
ロッドは刺すというよりは入れるという表現が正しいです。とくにカチっとハマるわけではありません。
角度をつけないよう横から入れるのがポイントです。角度をつけると実際には奥まで入っていないことがありました。

DSC_0126
ロット8本を入れた状態です。5本目ぐらいからかなりの力が入ります。ロッドが折れるのでは・・・と思うぐらいでした。
ポイントはロッドを入れる順番は説明書に忠実にすることとソフトボックスをちゃんとずらすことです。
ここはできれば2人でやったほうがいいと思いました。あとここらへんは力作業になるで電球は後から差し込むことをお勧めします。

DSC_0127

ロッドの先はこのようにマジックテープで留めます。

DSC_0128

ロッドを入れた感じです。

DSC_0129

ロッドとソフトボックスの縫い目は合わせたほうがやりやすいです。

DSC_0130

裏から見るこんな感じです。

ページが重くなるのでページを分割します。
次のページ「スマホで十分!お金をかけず売れる商品撮影用の照明の選び方と組み立て(2/2)」はこちら

<商品の詳細はこちらから>

関連記事

ピックアップ記事

  1. 評判の良いマッチブックの唯一のデメリットとおすすめできない人

    マッチブック(Matchbook)は大手リクルートが手がける恋活アプリです。大学生の就職先と…
  2. アニメ・ゲーム好きが集うLINE掲示板アプリ3選

    アニメやゲームの話題で思いっきり盛り上がれるLINE友だちが欲しい!LINE掲示板を使っても…
  3. LINEリレーの使い方とおもしろ活用事例6選

    つい先ほどLINEがアップデートされ、新しい機能「リレー」がリリースされましたね。簡単に言う…
  4. twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法

    twitterアイコンがない!ダウンロードもできない時の対処法「twitterが急に消えた!…
  5. MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!

    MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!「MERYがなくなって代わりの…

ピックアップ記事

  1. LINEのスタンププレビューって何?設定するとどうなる?スタンププレビュー機能とはトークにて…
  2. LINEスタンプ整理術!不要なスタンプの削除と並び替え方法LINEのトークで使えるスタンプ、…
  3. 【2017年版】LINEトークを5秒で一括バックアップする方法(android編)andro…
  4. LINEのブロック・通知オフ・非表示・削除の違い違いが分かり辛い4つの機能について詳しく説明…
  5. LINEでブロ削した後に復活させる方法ブロ削をした相手を自分のLINEアプリ上に復活させたい…

新着情報

ランダム記事

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る