入れ方でこんなに違う!?簡単でおいしいコーヒーの入れ方

入れ方でこんなに違う!?簡単でおいしいコーヒーの入れ方

コーヒーネタが続きますね。調べたことを書き出すとどうしても3~5記事くらいになりますからね。もう少しお付き合いください。

今日はおいしいコーヒーの入れ方です。コーヒーを飲まない方やカフェや缶コーヒーぐらいしかコーヒーを飲まない方にとってはコーヒーを入れる機会なんてなかなかないですよね。しかし、社会人になるとお茶出しといってお客様が来社された時コーヒーを入れるのは新入社員の仕事というところも多いです。最近ではお茶出しを男性がすることも多いです。

そんな時コーヒーの入れ方がうまく、おいしいと「仕事がデキる」「気配りができる」というような仕事の評価にも繋がります。

コーヒーなんて豆が命、入れ方なんて誰がやっても一緒でしょ、と思われるかもしれません。しかし断言します。豆が同じでも入れ方だけで全く味が違います。

私はコーヒーは好んで飲むほうではありませんが、実際にこれから紹介する方法を試してみると確かに味が違いました。個人的には香りにかなり違いが出たと思っています。

コーヒーの味を構成する要素は豆以外でもいろいろあり、それら一つ一つは小さな変化だとしてもそれぞれにこだわることで最終的に大きな味の変化となります。ここではそのような方法を紹介していきます。

温度を見極める

コーヒー豆ショップのオーナーさんに聞いたところ、コーヒーの最適な温度は80℃前半とのことでした。これは100℃近いとカフェインの嫌な苦みが強くなり、逆にぬるすぎるとタンニンによる渋みが出るとのことです。また、香りが最も楽しめる温度でもあるとのことです。

つまり、おいしいコーヒーの条件は80℃前半に如何にコントロールするかということが重要ということがわかるでしょう。しかし、研究者みたいに温度計でいちいち測ってからお茶出しするわけにはいきません。そのため、おいしい条件がわかってもなかなか適温で出せない、逆に言えばだからこそ少しの気遣いで差がつくところになります。

ポッドの湯温は95℃程度に設定されている方が多いのではないでしょうか。そうすると残り10℃をどうコントロールするかです。伏兵はコーヒーカップです。いくら熱いお湯を注ごうとも意外とコーヒーカップが冷たくて一気に冷める可能性があります。

ミルクも入れることを考えるとさらに温度が下がってしまいます。そのため、コーヒーカップは冷たいところには保存しないように、できれば温めておくとベターです。

コーヒー豆の水分

コーヒー豆の大敵は水分です。元々コーヒー豆は焙煎しているため、水分を飛ばしています。それにも関わらず水分や湿気で湿ってしまうとおいしさも半減します。もちろん、前回入れた後に密閉することや湿気が多い場所に保管するのはNGです。

また、コーヒー豆を挽くためのコーヒースプーンが濡れていることを気にしない人がけっこういます。洗った後のスプーンをそのまま使うなどしがちですよね。こういうことをするとその時に入れたコーヒーだけではなく、次に入れるコーヒーまで台無しになります。

出会いがない男女必見!
無料で使える新感覚出会い系アプリ
ポイして恋するコミュニケーションアプリPoiboy(ポイボーイ)
Poiboy(ポイボーイ)
開発元:Diverse.Inc
無料
posted with アプリーチ
レビュー記事もあります。
⇒ 女の子はこちら
⇒ 男の子はこちら

お湯(水)をこだわる

個人的に一番オススメです。水にこだわるのも手です。コーヒーは香りで楽しむこともできます。しかし、水道水などで沸かすと地域によっては殺菌の匂いがします。固有名詞を出して申し訳ないのですが、大阪の水はひどかったのを覚えています。

また、日本人の舌に合うのは軟水と言われています。ミネラルウォーターも軟水と硬水が販売されていますので、一度試してみてください。

分量は守る

こちらは基本です。しかし、意外と目分量で入れていませんか

すりきり一杯なのか山盛り一杯なのかでも違います。スプーンもコーヒースプーンとティースプーンで大きさが違うことも意外と知られておらず、知らず知らずのうちにティースプーンで入れている人もいます。

メーカーでは何百回、何千回と試飲を重ねて一番おいしい分量を提示してくれています。それを忠実に守ることがおいしいコーヒーの近道でもあります。

最後に

いかがでしたでしょうか。一つ一つは小さなこだわりであってもそれぞれをこだわることによって味に大きな違いが出てきます。本当に同じ豆でも味や香りに大きな違いが出ますので、騙されたと思って一度試してみてください。

コーヒーは飲む機会の多い飲み物ですから少しでもおいしく飲みたいものですよね。この記事に書いてある方法でみなさんのコーヒーライフが少しでも楽しいものになれば幸いです。それでは。

関連記事

ピックアップ記事

  1. VODならユーネクストで決まり!動画本数が多いとクチコミでも評判

    動画本数が多く、最新作が観られるのはユーネクストだけとクチコミでも評判「動画配信サービスって…
  2. MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!

    MERYの代わりはCチャンネル!メイクもネイルもヘアも動画で!「MERYがなくなって代わりの…
  3. 高画質な写真が撮れるカメラアプリ3選(iPhone,android対応)

    高画質な写真が撮れるおすすめカメラアプリ3選(iPhone,android対応)「高画質な写…
  4. 無課金でもおもしろい!LINEゲームのおすすめ人気ランキング

    【2016年12月版】おもしろい!LINEゲームのおすすめ人気ランキング「LINEゲームって…
  5. リプ、DMの通知が届かない時に確実に通知させる小技

    【Twitter】リプ、DM、いいね(ファボ)の通知が届かない時に確実に通知させるたった1つの方法 …

ピックアップ記事

  1. 「着せ替え適用中にはこの機能は利用できません」ってなに?トークルームの背景デザインを変更しよ…
  2. 背景デザインと着せ替えの違いって何?LINEの機能に背景デザインと着せ替えというものがありま…
  3. 子どもに持たせるスマホは格安SIMとセットのLINEモバイルがおすすめ「子どもに持たせるスマ…
  4. クチコミサイトで評判の良いLINEモバイルをレビュー!おすすめプランはコレ!「LNIEモバイ…
  5. android版ミントJメールのダウンロード方法と登録方法ミントJメールをダウンロードしよう…

新着情報

ランダム記事

  1. yahooプロモーション広告

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る